夢の本BBS

「夢の本」の感想がたくさん届きました。あなたの感想も教えてください。


今日
読み終わりました。
この本は、学校で配られました。

みんな とっても立派な夢をあきらめずに追いかけてるからすごいとおもいました。

わたしも あきらめずに、おいかけたいです。
冨浦 彩加(2009.11.12)
私は中学生です。今年三年生でこれからのことについて悩んでいます。最近のニュースではホームレスやニートなどが増えているといった先の暗い話ばかりです。小学校の頃はたくさんの夢がありました。でも今、夢はありませんでした。しかし図書室で「1歳から100歳の夢」と言う本に出会ってたくさんの夢や目的のために、精一杯生きている人がいるのだと気づきました。だからこれからは、前を見て生きていきたいです。本当にこの本を作ってくれてありがとうございました。
祐輔(2009.10.15)
初めまして。私は、大学を卒業して3月から9月まで、某塾に勤めていましたが、退職しました。理由は、私の能力が半年経っても伸びなかったからです。一番の信じていた上司からも「辞めろ」と言われ、本当に辛かったです。昨年教育実習を経験して、生徒とふれあうことが本当に楽しかったから、だから塾で頑張ってみようと思っていた矢先に、「君には向いていなかったんだ」と言われ、絶望に突き落とされた気分でした。

辞めてすっきりするどころか、今まで信じていたことが全て崩れてしまったように感じました。「私は何を信じていけば良いんだろう…」と、途方に暮れていました。

そんなとき、『先生の夢』の本に出会いました。全国のたくさんの先生方にも、生徒を強く信じる心に、私の心も強く打たれました。そのとき、私の喜びの元は、子どもたちの笑顔を見ることにあると気づきました。

今は近所の学童でボランティアとして、子どもたちと一緒に過ごしています。マイペースな子どもたちの行動を見ているのは、本当に楽しいです。まっすぐに、信じられることがあると、生き生きしていると実感できます。

本当にこの本に出会えてよかった。ありがとうございました。是非、続編を作って頂きたいです。
夕利子(2009.10.12)
私は初めて夢の本シリーズを買いました♪
「アスリートの夢」です。

まだすべてのページを読み終わっていませんが、印象に残ったアスリートの言葉を書こうと思います。

バスケットボール、町田洋介選手の
「今日の自分を越えていく」

すごくかっこいい言葉であり、シンプルな言葉であり、行動にするのが難しい言葉だと思いました。

すごく共感する言葉です。

たしかに何も考えずに過ごすことはできるけど、そう過ごすことで昨日の自分と何も変わらない自分がそこにいたら、その日一日ってなんかもったいないなかったなって考えてしまうんですね。

そう考えてしまうくらいなら、なんでもいいから、小さなことでもいいから「昨日よりちょっと先に進んだ自分」がいれるような一日にしたいって思いながら生活しています。

たとえば、昨日は腹筋100回できたけど、今日は110回にチャレンジしてみようとか。

人の夢を知ることによってもまた、自分の夢って具体的に想像できるようになったり、同じ夢を共有していたら、切磋琢磨できたりと、この本を読むことによりえられるものってとても大きいと思いました。

次は、「政治家の夢」って本できたらいいなって思いますね〜(●^o^●)
はち(2009.09.08)

「家族への夢」を読みました。

泣き虫な私ですが、
そうだからでは無いと想います。

目に涙がじわじわと溢れてきました。

ハートが「ぽっ」っとなるステキな本でした。

母といざこざの後に読んだ為に、
情けなさ・・
母への想い・・・でいっぱいになりました。

家族・・・

私は恥ずかしながら、「ありがとう」
もなかなか素直に言えません。

苦労と心配ばかりかけています。





この本に出逢い、
改めて家族を想うきっかけになりました。


ありがとうございます。
少しづつ想いを言葉に
そして、形にして行きたいです。




すてき連鎖☆本から夢も愛も世界中に・・・
本を通して連鎖反応が起きる★


私ももっと目の前の人を大切にしたい、
そして、すてき連鎖ができるような人でありたいと
想いました。


家族への夢・・・自分自身に問い続けることをしてみようと想います。
そうすると・・がんばれる気がします!!

そしてこんな私も・・将来は、父・母の様な・・

愛しい人と、護りたい、大切な家庭を築きたいと想うようになりました。



夢から夢が生まれました・・☆彡

(2009.08.16)
1歳から100歳の夢を読みました。色々な夢があるけど、みんな笑顔で、みんな幸せ。凄いことだと思います。
わたしは将来、検事になりたいです。他にも、教師、産婦人科医・・・など、夢は多いのですが、検事という職業に一番心を惹かれました。

本の中には、まだ夢がないという人もいれば、夢を実現できるという人もいました。どんな夢にしろ、頑張ればいつか何かしらの形となって叶うと思います。

皆さん、お互いに頑張って夢をかなえましょう。
応援しています。
すみれ(2009.07.25)
最初にこれは感想では無く、お礼の言いたくてここにメールさせて頂きました。

先日、貴社より「『1歳から100歳の夢』のパネル展への使用について」のお便りを頂きその時の事を懐かしく思い出しました。
そしてその時の「私の夢」がそのお便りを頂いた頃、
完結してしまったのです。
「私の夢は母の幸せ」 それを見つける事が出来たのはその時取材して下さった方の力に寄るものでした。
そして母は今月2日に旅立って逝ったのです。
私は「1歳から100歳の夢」の本を読み返し、その時の思いのまま今日まで生きて来たと実感する事が出来ました。
本当に感謝の気持ちで一杯です。
これからは母への気持ちを木彫りに込め、
そしてそれは一人一人、あなたと私が幸せでありますようにと祈りながら彫って行こうと思っております。
私にとっての一生を懸けて追い続ける『夢』を有難う御座いました。
 
これからの皆様のご活躍を心からお祈り申し上げます。                 田中 昌子
田中 昌子(2009.07.15)
現在27歳です。中学からの大親友の誕生日プレゼントに「1歳から100歳の夢」を買いました。じんわりと胸に込み上げてくるものがあり、最後の100歳のおばあちゃんの夢を読んだとき、思わず立ち読みしていたヴィレッジバンカードベースで涙が出ました(笑)そして、自分の分も1冊購入しました!
毎日、特にしたくもない仕事をして、日々を過ごしています。親友は、週1しか休みがなく、勤務時間も長く、会うたびに疲れた顔をしています。
そんな私たちにも、ちゃんとした夢があるのです。私は「作家になること」彼女は「海外に行くこと」です。
日々の忙しさに流され、疲れにイライラしている毎日に、夢を抱いていることの大事さ、素晴らしさを思い出させてくれました。いくつになっても、夢は忘れずに生きていきたい!と思いなおして、気分がとても明るくなりました。親友にこの本をプレゼントするのが楽しみです。素晴らしい本を、ありがとうございました!他の「夢」の本も読んでみたいです。
かな(2009.07.04)
私は「働く人の夢」を読み、自分の中にはちゃんと輝ける自分がいる事、それを引き出すのは自分次第だということを教わりました。

そして夢を持つ事はその原動力!だからこそ大事なのだと思います。

小さい事でもいい。夢を絶対見つける!!!

その事に気づかせてくれたこの素敵な本との出会いも、これからの人生の「きっかけ」になった。

この出会いに感謝感謝。
たかふみ(2009.06.21)
私は先月八年ほど勤めていた会社を退職しました。頑張って働いていたのですが、結局やりがいをみいだせませんでした。
 そんな人は沢山居て、そうやって人は日々生活していくのはわかっていたのですが、そのうちうまく笑う事も出来なくなり、ただ生きてるだけの状態になりました。綺麗なモノや音楽を聴いても心に響かなくなってしまいました。
 こんな時代ですし、このまま日々の安定した生活をとるかどうか悩みましたが、このままでは駄目になると思い先月退社しました。今まで何年も悩んで我慢してきたし、人生は一度なんだという想いでした。

 私もこの本に出ている人達のように大変な事があってもそれ以上にキラキラした笑顔をしていたい、一生懸命生きたい。 
 今はまだ模索中ですが、自分なりのモノを見つけて一歩ずつ前に進んで行きたいと思えました。

素敵な本をどうも有難う。
かずひさ(2009.06.09)