夢の本BBS

「夢の本」の感想がたくさん届きました。あなたの感想も教えてください。


私わ獣医師になりたいです。
なぜか?そう聞く人もいます、
私の家ではインコを2羽
犬を2匹かっています。
インコが病気で死んでしまいました。
私はそのときにおもったのです。
なぜ助けられなかったのかと・・
インコを見てくれる人が
いたら助かってたと思いました、
なので私は獣医師になりたいです。

千 13歳
(2009.05.30)
私は「働く人の夢」を図書館から借りて読みました。読み終えたあとに「いいなぁ、自分もこんな風にはたらきたいなぁ」って心の底から思いました!

私は一年前に全日制の普通高校をやめてしまってから自分の「将来」というものが分からなくなりました。

私も「夢」を持ちたい、叶えたい!!!

この本を作ってくれてありがとうございます。「働く人の夢」、お小遣いで買おうと思ってます。
ゆう(2009.05.07)
働く人の夢を電車の中で読みました。うるうるしました。
自分は大学を卒業できず内定を辞退、半年ほど学生を延長することになりました。
灰になるような呆然とした思いでいて、自分に求められることはなんだ、卒業したところでもう誰も雇ってくれないのではないか、働かなければ、社会に出て自立しなければ、手に職つけないと、なるだけ安定した会社で、………
言葉にするとそういう事ですが、一人頭の中で暗い対話をしていていました。

最後には「別に好きなものなんて無い。働ければ何でもいい。与えられたらなんでもやるよ。」
夢も希望も無い考えに行き着いてしまいます。
本の中の人々とは逆に自分はずっと土色のつまらない顔をしていました。

今この本を読みながら、ドキドキしてきました。
切っ掛けは自分の人生の中に有る筈で、
無意識に大切に思っていることや軸がやっぱり有って、
それを社会を目前に全否定していた。だからとても辛かったのだと気付きました。

でも落ち着いて考えてみたら
「やるのは自分なのになんで他人から、最初から結果を決め付けられているんだ?
いや自分はなんでその決め付けに従おうとしているんだ?
従うのも嫌いじゃない。
でも何か心残りのような、いやもっと燻った気持ちがあるぞ。
まだやってないのに。やらなきゃ分からないのに。」

子供の頃はよく言っていた「やらなきゃ分からない」が久々に自分の口から出てきました。
「やらなきゃ分からない」で突っ込んでいった世界が自分には有った。
会社には分からないかも知れないけど、自分には分かる。面白い。

切っ掛けが見つかりました。
この本を読み終えて、自分で自分に目を当てて意気消沈していた昨日から今は少し燃えています。
ありがとうございました。
うろこ(2009.04.21)
私は、教員7年目、今年は五年生担任をしています。新しい道徳の副読本をぱらぱらめくっていると…!!!『1歳から100歳の夢』の一部が、資料として載っているのに気付きました!とってもうれしかったです!今度、子どもたちに夢を書かせてみようと思います。

のりこ(2009.04.19)
さっき、働く人の夢、買いました!
いちご(2009.04.19)
私は今受験生です。ここ最近ずっと将来の夢や今の自分について悩んでいて正直毎日が辛かったです。でもある日、学校の図書館で『高校生の夢』に出会いました。読んでみると、私と同じ世代の子が自分の夢について熱く語っていてすごく感動しました。なかには小さなことでも夢だと自信を持って語っている人もいて尊敬しました。読んでいるうちに少しずつ勇気をもらい、そして読み終えた頃には悩みが消えていました。私もどんな小さなことでもいいから毎日夢を持って、みんなみたいに夢を語れる人になりたいです!!
あやか(2009.04.19)
本屋さんで「家族への夢」を立ち読みして、即買いました。

実は先月、ちょうど結婚式をして、自分の中でもこれからの家族のこととかいろいろ考えていたんです。
「家族への夢」を読んで、改めて自分がどんな家庭を築いていきたいか考えることができました!
素敵な本をありがとうございます!

楽しい家庭になるように頑張ります!!!
ちわわ(2009.04.01)
流されるように生きてしまっている毎日の中に、たくさんのヒントが隠れていて、気づかないふりをしているのは自分なんだって思いました。達成できないかもしれない怖さに負けていたのかもしれないです。挑戦する前にあきらめて、無理という言葉で片付けたり、なりたい姿はあるのに、今のままでいいやと行動を起こせなかったり・・・そんな自分が嫌いになってる。悪循環ですね。夢ってきっとシンプルなんだと思います。自分の信じた道を突き進めるかどうかなんだと思います。心に響いているものって誰にだって絶対ありますよ。それに自分のすべてをかけるのが怖いだけなんです。この本は、シンプルな自分の気持ちにチクッと刺激を与えてくれました。
福田啓志(2009.02.13)
娘が学校の図書館から借りてきました。

写真がいい
笑顔がいい

一生懸命、生きてるって
きれいで
すばらしい

地元 京都が発信
しかも きむさんの出身が

父の実家
 
私にとっての心のふるさと小浜市


勝手に親近感を感じています。

 HPを見て、応援したい気持ちがますます増えました。
 これからも、夢の発信で元気を配ってくださいね。


高校生の母(2009.01.31)
現在故郷を離れ1人暮らしをしています。
ふらり立ち寄った本屋さんで見つけた『先生の夢』。
かつての恩師が出ていてびっくりしました。

遠く離れた地で10年ぶりの再会。
なんだか温かくなるものがありました。

先生も頑張ってるんだ、私も頑張ろう♪
そんな風に思えた1冊です(*^_^*)

あこ(2008.12.08)